養豚農家の方へ

成功事例、世界に羽ばたく。新たなおいしさへ挑戦する養豚農家の皆様へ

信頼の銘柄豚を展開中の養豚農家の方が、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)発効時代に向けて必要な準備は、プロが語るおいしさも超える新たなる「美味しさ」と新時代の「食の安全」、そして次の時代を見据えた「価値の創造」です。
当組合のエコフィード・システムが、このすべてをお手伝いします。
チャレンジする養豚農家の方は、お気軽にお問い合わせください。各種、展示会でもお待ちしています。

日本食肉格付協会の「上」、「特上」の格付けを超える「美味しさ」が必要です。
世界とともに進む新しい時代の循環型社会に応じた「食の安全」が要求されます。
消費者と生産者を結ぶ、流通での新たな「価値の創造」が要求されます。
チャレンジする養豚農家の方々と共に歩みます。
当組合のエコフィードをぜひご検討ください。
エコフィードシリーズはPM、S、Pに分かれます。肉豚の肥育用に使用します。
使用方法は、配合飼料に混ぜて食べさせるだけという簡単なものです。詳しくは、「エコフィードのご利用方法」をご覧ください。
日本食肉格付協会の「上」、「特上」格付けでご満足の養豚農家の方は、連絡をご遠慮ください。
消費者リピーターが評価する「美味しい」豚肉をご検討する農家の方々にご提供しています。詳しくは、「導入事例:ひょうご雪姫ポーク」をご覧ください。
一般的にエコフィードは食品を使用するので安全ですが、取り扱い方によっては、カビたり、痛んだりさせて、安全とは言い難いものを多々見うけます。当組合エコフィードは食品の安全基準以上での95℃、15分以上での乾燥を行うと共に独自の安全システムで安全を監視していますので安全です。安全なだけでなく高度な熱処理により、TDNが高く消化率も良いものになっています。
当組合の安全システムで生産されたエコフィードが安全性が高いといえます。
今ご使用中や、ご検討中のリサイクル飼料は「ご安全」ですか。
生産者から消費者の生産履歴とトレーサビリティを、折角しっかりされてきたのに、リサイクル飼料は「今まで大丈夫だったから」という勘と経験だけで決めていませんか。今が見直しのチャンスです。詳しくは、「安全安心の取り組み」をご覧ください。
「国産豚」の名前だけで、「安くても売れれば良い」養豚経営者の方々は、連絡をご遠慮ください。当組合のエコフィードは安いエサだけをお求めの養豚経営者の方々へご提供しているエコフィードではございません。
消費者の方々へ、「安全で美味しい」肉豚をご提供する農家とともに、養豚経営の効率化を図るエコフィードをご提供しています。こんな「ブランド豚肉」を育成する養豚経営者にリーズナブルなエコフィードです。お問い合わせ、見積もり依頼はお気軽にどうぞ。
当組合のエコフィードは、自家配農家でご使用中の配合飼料に混ぜて食べさせるだけです。他に一切の手間や工夫は要りません。詳しくは、「エコフィードのご利用方法」をご覧ください。
当組合のエコフィードは直火やガス乾燥ではなく蒸気での間接加熱方式で乾燥しているため風味が良く食いつきが良いのです。肉豚も満足するエコフィードをぜひお試しください。
「安くても売れれば良い」「国産豚」経営者の方々や、「残飯養豚」経営者の方々は、連絡をご遠慮ください。安いエサだけをお求めの養豚経営者の方々へご提供しているサンプルはありません。
新たな美味しさにチャレンジする農家の方々のご連絡をお待ちしています。お気軽にサンプルをお問い合わせください。
連絡先:079(49)9880までお電話ください。
「残飯養豚」や「安くても売れれば良い」「国産豚」経営者の方々は、連絡をご遠慮ください。
当組合のエコフィードは、TPP協定が発効した後でも日本の逸品として、日本のブランドとして、チャレンジする養豚経営者とともに歩むエコフィードです。
チャレンジする養豚農家の方々のために「スタート応援セット」も準備しています。お気軽にお問い合わせください。

エコフィードの特徴

エコフィード

  • 食べさせるだけで霜降りの豚肉をつくるエサです
  • 乾燥させているので消化率(TDN)も高いエサです
  • 間接加熱、蒸気使用で風味を生かしたエサです

エコフィードのご説明はこちらから

持続可能社会を標榜する地球市民をターゲットにするお肉づくりを考えたい方へ

兵庫県立畜産試験センターとともに研究開発を行ってきた技術が美味しいお肉づくりを実現しました

美味しさと安全で持続可能な循環型社会をつくるエコフィードです。
食の安全をリードするトレーサビリティシステムと、健康でジューシーな食のおいしさを実現し、環境とも調和した豊かな社会を目指す人へ地球規模でのブランド作りをします。

持続可能な食品ループ社会とは


ひょうご雪姫ポークのご紹介

Copyright(c) 2012エコフィード循環事業協同組合 All Rights Reserved